【オルトロスDU-Sナイロン インプレ】強度と耐久性が高く伸びが極めて少ないナイロン

オルトロスDU-S

一般に伸びやすく劣化しやすいと言われるナイロンラインですがオルトロスDU-Sナイロンは違います。伸び率に関してはフロロと同等でありアクションやフッキングについてもフロロと同じ感覚で使用できます耐久性に関しても極めて高くフロロと同様にしばらく使い続けることが可能です。一般的なナイロンは紫外線で劣化しやすく、また吸水により数時間使うだけでも使用感が変わりますがオルトロスDU-Sナイロンであれば問題ありません。強度も極めて高くノットによっては表記以上の強度を示します。

ただナイロンの弱点でもあり長所でもあった扱いやすさと柔らかさは有りません。そのため16ポンド以上の太糸になるほどに硬さが目立ち、ビックベイトやペンシルなど操作を伴う釣りには扱いにくく感じます

今回は良い意味でも悪い意味でもフロロと同感覚で使用可能なオルトロスDU-Sナイロンを紹介します。

なお個人的評価は以下の通りです。

★5が満点
細さ★★★★☆
強度★★★★★
耐久性★★★★☆
伸び難さ(感度)★★★★★
柔らかさ★☆☆☆☆
コスト★★★★★

オルトロスDU-Sナイロンの特徴

細さ

オルトロスDU-Sの太さ

公開されているデータではないため各パッケージの表記を集めました。オルトロスDU-Sナイロンの細さに関してはフロロリミテッドより僅かに太い線径となっています。ですがその差は僅かのため同じ強度でも太過ぎると感じることは有りません。

オルトロスDU-Sフロロリミテッド
12lb0.2880.285
14lb0.3200.310
16lb0.3380.330
20lb0.3810.370

強度

オルトロスDU-Sナイロンの結束強度

14ポンドを完全結び(漁師ノット)とパロマーノットで各10回結束強度を測定しました。比較対象はフロロリミテッドのです。なお結束は条件を一定にするため一切糸を湿らせず行っており、パロマーノットのみ結束時に余り糸を捨て糸側に引いて試験しています。他のノットで余り糸を捨て糸側に引っ張らないのは、パロマーノット以外では余り糸は本線側にしか引っ張れないのが理由です。

まずは完全結びの結果です。

 オルトロスDU-Sフロロリミテッド
表記
強度
6,35kg
14ポンド
6,35kg
14ポンド
平均3.93kg
62%
4.55kg
72%
最大5.00kg
79%
5.00kg
79%
最低2.75kg
43%
4.25kg
67%

オルトロスDU-Sナイロンは最大強度ではフロロリミテッドと同じです。ただ平均強度は10%低く、また最低強度では20%も低い結果となりました。良いとは言えない結果ですがフロロの中でも最高品質のフロロリミテッドとの比較としては善戦しているといえるでしょう。

続いてパロマーノットの結果です。

 オルトロスDU-Sフロロリミテッド
表記
強度
6,35kg
14ポンド
6,35kg
14ポンド
平均5.82kg
92%
4.95kg
78%
最大6.50kg
102%
5.25kg
83%
最低4.25kg
67%
4.75kg
75%

ところが結束強度が出やすいパロマーノットでは極めて良好な結果となりました。平均でも92%、最大強度は102%と表記を超える強度になっています。フロロリミテッドを圧倒する結果です。

オルトロスDU-Sの実質強度

オルトロスDU-Sナイロンのパッケージをよく見ると強度の他に実質強度との表記があり、14ポンドより3ポンド高い17ポンドとなっています。この実質強度が14ポンド以上あることがパロマーノットで平均でも90%以上の結束強度が出た原因と思われます。

その一方で完全結びの様なラインを締め付けるノットでは結束強度が低く、可能な限りパロマーノットを使う事をお勧めします。

耐久性

オルトロスDU-Sナイロンの耐久性はナイロンとしては高く、数回の釣行では全く問題がありません。ナイロンラインは吸水しやすく数時間の釣行だけでも使用感が変わることが多々あります。そのため1回の釣行でダメになる事が大半です。メーカーに伺ってみたところ吸水しにくい設計に加え紫外線対策により耐久性が高いとのコメントでした。そのため1~2回の使用で即交換という必要は無く使用頻度にもよりますが1ヶ月ほど使用することも可能です。

伸び難さと感度

オルトロスDU-Sナイロンの伸び

2mのラインを2kgの力で引っ張り、その際に伸びた距離から伸び率を測定しています。伸び率の%表記だけでは差が分かりにくいので実測値も掲載しています。

オルトロスDU-Sフロロリミテッド
表記強度 14ポンド14ポンド
線径0.320mm0.310mm
伸び19cm23cm
伸び率10%12%
 GTR ULTRAFCスナイパー
表記強度20ポンド14ポンド
線径0.370mm0.330mm
伸び26m18cm
伸び率13%9%

オルトロスDU-Sナイロンは伸び率が10%と伸びにくくフロロリミテッドの12%よりも伸びが少ない結果でした。ナイロンは一般に伸びやすく14ポンドよりは太く伸びにくい20ポンドのGTR ULTRAでも13%も伸びます。10%という数字はFCスナイパーと同等の伸び率であり、ナイロンとしては伸びが少なく感じます。

柔らかさ

オルトロスDU-Sナイロンの柔らかさ
オルトロスDU-S

オルトロスDU-Sナイロンは伸び率が低いこともあってか硬く、ある意味フロロと同等の使用感になっています。そのため16ポンド以下では扱いやすいものの20ポンド以上となると扱いにくさが際立ちます。

GTR ULTRAの糸クセ
GTR ULTRA

なお柔らかいGTR ULTRAでは糸クセが少なく太い糸でも操作性に問題ありません。

コスト

価格に関しては非常に魅力的となっており1mあたりの単価も10円を割ります。

PEの20mリーダーならコスト1/5に

オルトロスDU-Sナイロンはそもそも価格が控えめで耐久性の高いラインですが、更にコストを抑えて使えるのがPEのリーダーでの使用です。スピニングでは普及しつつあるPEですがベイトでもリーダーを20mにすれば使用感はほぼナイロンを維持しつつ、かつコストを1/5に抑えられます。PEの詳細は別記事で紹介しております。

他のラインとの比較

フロロとナイロンでは明確に用途が異なるためナイロンラインでの比較です。

GTR ULTRAとの比較

GTR ULTRA
細さ同等
強度オルトロスDUS
耐久性同等
伸び難さ(感度)オルトロスDUS
柔らかさGTR ULTRA
コスト同等

GTR ULTRAは伸びやすく扱いやすいラインですがオルトロスDUSは伸びにくくキレのあるアクションが用意と真逆の性能になっています。細さや強度もほぼ同等のため伸びを抑えたい用途にはオルトロスDUSがお勧めです。ただし硬いため16ポンド以上が必要となる条件にはお勧めできません。

その一方で16ポンドや20ポンド以上の強度が必要な用途にはGTR ULTRAがお勧めです。柔らかく扱いやすいため太糸でも12~14ポンドの様な感覚で使用できます。GTR ULTRAの詳細については別記事で紹介しております。

マシンガンキャストとの比較

マシンガンキャスト
細さマシンガンキャスト
強度オルトロスDUS
耐久性同等
伸び難さ(感度)マシンガンキャスト
柔らかさオルトロスDUS
コスト同等

いずれもフロロ感覚で扱えるマシンガンキャストとオルトロスDU-Sですが使用感は非常に近く性能差は敢えてつけました。マシンガンキャストはオルトロスDU-Sの操作感は同等で大きな差は有りません。

コストに関してマシンガンキャストは150m巻き、オルトロスDU-Sは100m巻きのため見かけでは異なるものの長さ当たりの価格は同等です。ただ強度に関してはオルトロスDU-Sの圧勝です。マシンガンキャストもナイロンの中では悪くは無いのですが、オルトロスDU-Sの強度は群を抜いています。

ただしオルトロスDU-Sの欠点として僅かに太い事です。またマシンガンキャストの方が伸びは抑えられており、ジャークベイトなど深く潜らせながらも機敏なアクションを付けることができます。マシンガンキャストの詳細は別記事で紹介しております。

まとめ

オルトロスDU-Sナイロン

オルトロスDU-Sナイロンは

フロロと同等の耐久性と伸びの少なさ

トップやジャークベイトでキレのあるアクションが可能

硬いため太糸では扱いにくく伸びにくいためショートバイトは弾く

とフロロと同感覚で使用出来るナイロンラインです。伸びを生かしたい場合には他のラインが適していますが特にアクションを加える釣りに有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA