【FCスナイパー インプレ】太いが柔らかく扱いやすい上に伸び難いフロロ

FCスナイパー

フロロの中でも非常に有名なFCスナイパーはバス釣りでの扱いやすさに優れています。硬いフロロが多い中FCスナイパーは非常に柔らかく扱いやすいのが特徴です。加えて伸びが少ないため感度も非常に高くアクションを機敏に加えられフッキングパワーも伝達しやすいラインです。

その反面、糸の線径は全体的に太くFCスナイパーの14ポンドはフロロリミテッドの16ポンドの太さに相当します。そのためラインの抵抗が大きく沈める釣りや遠投には悪影響します。結束強度は決して低くは無いのですがフロロの絶対王者であるフロロリミテッドには勝てません

今回は若干太めのフロロ操作性や感度は非常に高いもののであるFCスナイパーを紹介します。

なお個人的評価は以下の通りです。

★5が満点
細さ★★☆☆☆
強度★★★☆☆
耐久性★★★☆☆
伸び難さ(感度)★★★★★
柔らかさ★★★★★
コスト★★★★☆

FCスナイパーの特徴

細さ

FCスナイパーの細さ

フロロラインは強度維持のため線径が太い製品があり、FCスナイパーについても表記強度より一番手太くなっています。フロロリミテッドとの比較でもFCスナイパー14ポンドとフロロリミテッド16ポンドが同じ太さとなっています。

FCスナイパーフロロリミテッド
4lb0.1800.165
5lb0.2000.185
6lb0.2250.205
8lb0.2650.235
10lb0.2900.260
12lb0.3100.285
14lb0.3300.310
16lb0.3500.330
18lb0.365- 
20lb0.3800.370

そのためフロロリミテッドからの入れ替えで同じ糸巻量にするためには1ランク弱い番手を選ぶ必要があります。

強度

ライン結束強度

14ポンドを完全結び(漁師ノット)とパロマーノットで各10回結束強度を測定しました。

 FCスナイパーフロロリミテッド
表記強度6,35kg
14lb
6,35kg
14lb
平均4.23kg
67%
4.55kg
72%
最大5.50kg
87%
5.00kg
79%
最低3.50kg
55%
4.25kg
67%

まずは完全結びの結果です。結束強度は最大ではフロロリミテッドを超えたものの平均値と最低値は下回り全体としてはフロロリミテッドより弱い結果となっています。

 FCスナイパーフロロリミテッド
表記強度6,35kg
14lb
6,35kg
14lb
平均5.17kg
81%
4.95kg
78%
最大5.75kg
91%
5.25kg
83%
最低4.75kg
75%
4.75kg
75%

続いてパロマーノットの結果です。パロマーノットは結束強度が落ちにくいノットですがFCスナイパーは特に高い値が出ており平均でも81%の強度となっています。FCスナイパーの14ポンドはフロロリミテッドの16ポンドと同じ太さのため当然の結果かもしれませんが、通常の14ポンドより高い数値となりました。

耐久性

柔らかいフロロは耐久性が低いのかFCスナイパーの耐久性は高くは無く週末の2釣行で使用しただけで白化が始まっています。このペースだと半月に一度の交換が必要となります。

伸び難さと感度

FCスナイパーの伸び

14ポンド×2mのラインを2kgの力で引っ張り、その際に伸びた距離から伸び率を測定しています。伸び率の%表記だけでは差が分かりにくいので、あえて実測値も掲載しています。

FCスナイパーモンスターブレイブZ
伸び18cm18cm
伸び率9%9%
線径0.330mm0.310mm
 フロロリミテッドGTR ULTRA
伸び22cm23cm
伸び率11%12%
線径0.310mm0.370mm

FCスナイパーは同じ14ポンドのモンスターブレイブZと太さは異なりますが伸び率が同等となっています。フロロやナイロンの中でも伸び率は低い値に留まっており感度も良好です。なおフロロリミテッドやGTR ULTRAなど伸びやすいラインでは伸び率が11%と2%も異なります。数値的には小さいですが20m先では40cmの差となるため決して無視できない差です。

柔らかさ

FCスナイパーの柔らかさ
FCスナイパー

FCスナイパーの特徴は伸びにくく、かつ太めであるにも関わらず柔らかい事です。伸びないラインや太いラインは総じて硬く扱いにくい傾向にありますがFCスナイパーは異なります。そのため扱いやすい事に加え感度も非常に高くキレのあるアクションを加えることが可能です。

モンスターブレイブZの糸クセ
モンスターブレイブZ

因みに硬いモンスターブレイブZでは糸クセが付きやすく扱いにくい傾向にあります。使用前に糸を伸ばして癖を取るのが必須です。

コスト

コストに関しては安いとは言えませんがFCスナイパーについては300m巻きが用意されており大幅に価格を抑えることが可能です。

PEの20mリーダーならコスト1/5に

FCスナイパーはそもそも価格が控えめで耐久性の高いラインですが、更にコストを抑えて使えるのがPEのリーダーでの使用です。一般的なPEではリーダーは1.5m以下ですが私は20mで使用しています。そのため使用感はほぼフロロであり、かつコストを1/5に抑えられます。PEの詳細は別記事で紹介しております。

最適な使い方

FCスナイパーの特徴は伸びにくく太いにも関わらず柔らかく扱いやすい事です。これを最も生かせるのは近距離での操作の釣りです。伸びが少ないため機敏なアクションが加えられ柔らかいため操作性も損なわれません。その反面、太いため飛距離が阻害されるため遠投には不向きです。

他のラインとの比較

フロロリミテッドとの比較

フロロリミテッド
細さフロロリミテッド
強度フロロリミテッド
耐久性FCスナイパー
伸び難さ(感度)FCスナイパー
柔らかさ同等
コストFCスナイパー

フロロラインの王者であるフロロリミテッドとの比較です。FCスナイパーは若干太いものの伸びにくく、扱いやすいラインとなっています。そのため感度と操作性が両立できます。

その一方でフロロリミテッドは結束強度が非常に高く、糸自体が細いためライトリグでの沈下速度や飛距離の面で優位です。少々伸びやすいのが難点ですが扱いやすく巻物でも乗りの良さに優れています。フロロリミテッドの詳細は別記事で紹介しております。

まとめ

今回紹介のFCスナイパーは

・伸びが少なく扱いやすいフロロ

・ラインが太いためラインの抵抗が大きくライトリグや遠投では不利

・結束強度は低くはないがフロロリミテッドには勝てない

となっており、どちらかと言うと遠投より近距離に特化したラインとなっています。伸びの少なさと扱いやすさ、感度を生かし手返し良く近距離を探るのが多い釣りにお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA