【23SLX DC インプレ】22SLXのDC機能を削減したコスパ機

23SLX DC_使用例

記事内に広告を含みます

この記事は広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

2年続けてSLXから小口径ナロースプールのDCモデルが販売されました。スペックは22モデルとほぼ同等ではあるものの価格が更に抑えられておりダイワのタトゥーラと同価格帯となっております。また22SLX DC XTとはスペックは近くても特性はかなり違っており、

DCブレーキが強くバックラッシュしないが飛距離も出ない

DCブレーキが1種類しか無くFC、Ny、PEモードでの使い分けが不可

とDCブレーキ自体にもコストが抑えられた仕様になっています。リール自体としては33mm×21mm幅と微妙に小さなスプールにて10g前後のルアーが投げやすく7g前後となるとキャスト精度が定まりません。また剛性感も価格帯並みです。

今回はDCブレーキ自体のコストカットにてDCとしては異次元の価格を実現した23SLX DCについて紹介します。

個人的な評価は以下の通りです。

★5が満点
キャスト性能(7g)★★★☆☆
キャスト性能(10g)★★★★☆
キャスト性能(14g)★★★★★
キャスト性能(21g以上)★★★★☆
ライントラブル耐性★★★★☆
剛性感★☆☆☆☆
巻物適正★☆☆☆☆
コストメリット★★★★★

22SLX DC XTとの違い

カタログを見る限り22年と23年のSLX DCはスペックが酷似しており価格ぐらいしか差が分かりません。そのため簡単に違いを纏めます。

ボディが全く違う

まず外観が全く違います。22年版の方がコンパクトです。また好みもあるとは思いますが22年版の方が高級感があるように見えます。

ブレーキ

22年版ではブレーキがF、N、Pと3つのモードに分かれていますが23SLX DCは1つしか無く切り替えが出来ません。また最大の違いがDCブレーキの特性であり23SLX DCは安定感重視の設定です。そのため全くと言って良いほどバックラッシュしませんが飛距離は落ちます。ブレーキ設定はほぼ目盛り2で固定する事になり、1ではバックラッシュ、3ではブレーキが効き過ぎるとなります。

スプール重量は重めの17.7gであり22SLX DC XTの17.0gより0.7g近く重くなっています。22SLX DC XTもDCユニットの関係で重いスプールですが、23SLX DCは小口径スプールの中では非常に重いスプールです。

その他の違い

22年版はメインギアシャフトが樹脂カラーですが、23SLX DCはベアリングです。

逆にボディのギアボックスには22SLX DCはベアリングも樹脂カラーもありません。22SLX DC XTには一般的なベイトリールと同じくベアリングが付いています。

また何故か22SLX DC XTのスプールシャフト受けのベアリングはダブルベアリング仕様です。20メタニウムでもこの部分はベアリング1点なのに何故かのダブル仕様。構造上の問題なのでしょうが、ここにベアリングを追加するくらいなら、はじめからメインシャフトにベアリングを入れて欲しいくらいです。

細か過ぎる点ですが23SLX DCはスタードラグの中心が最新版の〇型になっており取り付けが容易です。22年版はナットの四角とシャフトの四角の位置を合わさる必要があり取り付けが非常に面倒です。

22SLX DC XTの特性

23SLX DC_箱出し

23SLX DCは22SLX DC XTとスペックが非常に近く外観以外の特性は22SLX DC XTと同じ内容が多くなっています。

スプール

スプールは33mm系×21mmとナロースプール設定です。34mm径のSV BOOSTとの比較では一回り径が小さくなっています。

23SLX DCのスプール径
左:23SLX DC, 右:34mm径

またスプール幅も21mmとシマノの従来機である22mm幅より僅かに狭くなっています。

23SLX DCのスプール幅
左23SLX DC, 右:22mm幅

スプール重量は重めの17.7gであり22タトゥーラTWの15.0gより2.7gも重いスプールです。とても7g前後のルアーに適した重量とは言えません。

糸巻後の重量でもフロロ12ポンド×90mで29.6gとかなり重めの重量です。なお高比重PE2号×75m+フロロ14ポンド×20mの設定では25.2gと4gもの軽量化が可能です。

DCによるトラブルレスなキャスト性能も飛距離は落ちる

23SLX DCのキャスト性能

23SLX DCはDCらしいトラブルレスなキャスト性能となっており全くと言っていいほどバックラッシュしません。ただブレーキが余りに強すぎるため飛距離も伸びません。フロロをスプールいっぱいに巻いた状態でもブレーキ目盛3~4ではブレーキが強すぎ、目盛2で適度、目盛1だと弱すぎてバックラッシュします。そのため目盛2で固定することとなりブレーキ調整がほぼ出来ません。

なお適しているのは10g前後のルアーであり、下限では7gまで対応出来ますが5gは全く対応出来ません。

スプール自体が重たいためかワイルドハンチなら何とか対応可能ですが、空気抵抗の大きいフラットサイドではコントロールが定まりません。

ベイトPEであれば軽量ルアーのキャスト性能は向上

23SLX DCのキャスト性能PE

なおPEセッティングではスプールを大幅に軽量化できるため軽量ルアーのキャスト性能が向上します。それでも下限は7g前後ですが、フロロのみでは投げ難かったフラットサイドもノーサミングでキャスト可能です。DCの安定感も加わってバックラッシュが激減するため、フロロのみの設定に比べ安定感が格段に向上します。ベイトPEの詳細は別記事で紹介しております。

ナロースプールによる目減りは気にならない

23SLX DCはシマノで従来幅の22mmより1mm狭い21mm幅のナロースプールを搭載しています。ただナローとは言え僅かのためスプールの目減りは大きくは感じません。

フロロ16ポンドをスプール限界まで巻いた後、40mスプールから出した際のスプールの目減りを確認します。まずは22SLX DC XTですがスプール径が3mmほど目減りしています

比較対象は通常幅の21ジリオンSV TWですが目減りは3mmと22SLX DC XTとの差は見られません。

剛性感は価格帯並み

23SLX DCの剛性感は高いとは感じません。ギアについては20メタニウムと同じようなマイクロモジュールギアなのですが、巻き心地は高いとは感じません。20メタニウムより明らかに劣っていると感じます。

なおハイエンドの19アンタレスや20カルカッタコンクエストDCではマイクロモジュールギアの歯面が一段と細かく20メタニウムより更に巻き心地や剛性感は高く感じます。

またコスト対策もあってかスプールにベアリングはついておらずインフィニティドライブのような剛性感も感じません。

ドラグ音は無し

低価格帯のため仕方ありませんがドラグ音は搭載されていません。シマノではアンタレスやカルカッタコンクエストのようなハイエンドにしか搭載されていないため、仕方ない点とは思います。

MLクラスには重すぎる重量

23SLX DCの重量

DCユニットの最大の難点が重量アップであり、23SLX DCは小口径スプールの小型ルアー向けリールにも関わらず重量は190gを超えます。この重量はMクラス以上の重量級ロッドには合うのですが、小型ルアー向けのMLクラスには重過ぎます。

ボディは大きめ

23SLX DCのボディサイズ

ボディサイズに関しては21ジリオンSV TWと21アルファスSV TWの中間です。特別パーミングしやすいという訳ではありませんが、軽量ルアーを扱う上で問題にはならないレベルです。

勝手に変わらないブレーキ目盛り

ブレーキ目持りについてはリール下部に設置されており勝手に目盛りが変わることがありません。ダイワの下位機種ではブレーキ目盛りが露出しているためロッドを束ねた際などに勝手に目盛りが変わりトラブルに繋がります。

コルトパフォーマンスは最高

コルトパフォーマンスは非常に優れています。DC機種はどうしても高価格帯のリールが多いのですが気軽にDCを体感できます。

デメリット

剛性感が低い

低価格帯のため仕方ない点ですが剛性感がありません。巻き心地は良いとは言えず同価格帯のダイワの21アルファスSV TWにさえ負けるレベルです。DC機構にコストが掛かっているのは理解できますが、シマノらしさが殆ど感じられません。

ベアリング追加で巻き心地向上

改造となるためメーカー保証の対象外とはなりますが、ベアリング追加で巻き感が向上します。交換箇所はハンドル2ヶ所とレベルワインダーの計3ヶ所です。ベアリングの効果は絶大で決して良いとは言えない巻き心地が劇的に改善します。

フックキーパーも装着可能

これはデメリットでなく、逆にメリットですがジーニアスプロダクトのフックキーパーが装着可能です。メタニウムなど一部機種ではボディ形状の関係で装着出来ない機種もありますが23SLX DCは可能です。オフセットフックを掛けられるだけでなくリール本体をフックで傷付けないお勧めチューンです。

想定される釣り

23SLX DCは10g前後を幅広く扱う事に適したリールであり決して7g以下の軽量ルアー用のリールではありません。小口径スプールを搭載した機種とは言え33mm径でありスプール幅も従来の22mm幅から1mmしかナロー化していません。スペック的には遠投は得意とは言えませんがDCによって幅広い用途で使用可能です。

他のリールとの比較

21アルファスSV TWとの比較

21アルファスSV TWの使用例2
キャスト性能(7g)21アルファスSV TW
キャスト性能(10g)21アルファスSV TW
キャスト性能(14g)23SLX DC
キャスト性能(21g以上)23SLX DC
ライントラブル耐性21アルファスSV TW
剛性感21アルファスSV TW
巻物適正同等
コストメリット同等

逆に21アルファスSV TWは32mm径のため7g前後のルアーに適しており用途が全く異なります。DCの様な重量増となる機構が無いため自重も軽く剛性感も高く、また軽量ルアーのキャストにも適しています。ただ軽量ルアーに適正を寄せているため14g以上のルアーには適していません。そのため10g以上を投げることが多い場合には22SLX DC XT、7g前後が多い場合には21アルファスSV TWとなります。21アルファスSV TWの詳細は別記事で紹介しております。

まとめ

23SLX DC_使用例2

今回紹介の23SLX DCは

実釣には全く困らない性能

10g前後のルアーを快適に扱えるが7g以下は対応不可

剛性感は高く無くあくまで価格帯並み

と汎用性が高く10g前後のルアーを扱いやすいリールとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA