【シーガーグランドマックス インプレ】扱いにくいが強度は圧倒的な最強フロロ

シーガーグランドマックス

最強フロロと名高いのがシーガーグランドマックスです。確かに強度は高くバス用フロロの王者であるフロロリミテッドさえも圧倒する結束強度を示します。傷も入り難く耐久性も高いため強度に関しては文句の付け所が有りません。意外に硬すぎず操作に困る事も無いのも特徴です。

ですが難点は衝撃に弱い事です。伸びに関しては、より柔らかいフロロリミテッドやシーガーグランドマックスFXと大差有りません。ですが瞬発的な力には弱くPEのリーダーとして使用した際には合わせ切れが頻発します。そのため強度は高くてもフッキングや根掛かり外しなどで呆気なく切れるため使い所を選びます。また糸自体は硬すぎないものの糸クセは激しく一旦クセが付くと直せません

今回は圧倒的な強度を持ちながらも使い手の技量も求められるシーガーグランドマックスについて紹介します。

個人的評価は以下の通りです。

★5が満点
細さ★★★★★
強度★★★★★
耐久性★★★★★
耐摩耗性★★★★★
伸び難さ(感度)★★★★☆
柔らかさ★☆☆☆☆
コスト★☆☆☆☆

シーガーグランドマックスの特徴

シーガーグランドマックスはラインでなくハリスに相当するため表記はポンドで無く号数です。一般的なバス用のラインは表記強度で必ず切れるよう設定されています。それに対しハリスは太さの縛りしか無いため強度に制限が有りません

細さ

グランドマックスフロロリミテッド
4lb0.1650.165
5lb0.1850.185
6lb0.2050.205
8lb0.2350.235
10lb0.2600.260
12lb0.2850.285
14lb0.3100.310
16lb0.3300.330
20lb0.3700.370

シーガーグランドマックスの線径は号数通りで太くも細くも有りません。フロロリミテッドと細さに関しては全く同じです。

強度

シーガーグランドマックスの結束強度

完全結び(漁師ノット)とパロマーノットで各10回結束強度を測定しました。比較対象はフロロリミテッドです。なお結束は条件を一定にするため一切糸を湿らせず行っており、パロマーノットのみ結束時に余り糸を捨て糸側に引いて試験しています。他のノットで余り糸を捨て糸側に引っ張らないのは、パロマーノット以外では余り糸は本線側にしか引っ張れないのが理由です。

完全結び

完全
結び
グランドマックスフロロリミテッド
強度2.55kg
1.5号
2.72kg
6lb
平均1.46kg
57%
1.27kg
47%
最大2.20kg
86%
1.60kg
59%
最低1.10kg
40%
1.10kg
40%

完全結びの結果ではグランドマックスの強度は圧倒的で他のバス用フロロと比べても強度が優れるフロロリミテッド以上の強度となっています。

パロマーノット

パロマーグランドマックスフロロリミテッド
強度2.55kg
1.5号
2.72kg
6lb
平均2.35kg
92%
2.00kg
73%
最大2.75kg
108%
2.25kg
83%
最低1.50kg
59%
1.75kg
64%

またパロマーノットでもグランドマックスはフロロリミテッド以上の強度が出ています。パロマーノットは非常に優秀なノットでフロロマイスターでさえもフロロリミテッドと同等の強度が出せるノットです。言い換えれば表記通りの強度が出やすいノットでもありますが、このパロマーでの結束強度からもグランドマックスは強度が極めて高い糸であることが分かります。

ハングマンズノット

ハング
マンズ
グランドマックスフロロリミテッド
表記
強度
2.55kg
1.5号
2.72kg
6lb
平均1.94kg
76%
1.69kg
62%
最大2.60kg
102%
2.10kg
77%
最低1.20kg
47%
1.25kg
46%

ハングマンズノットは完全結びより強度が出やすいですが、弱い糸だと結束強度が低くなりがちです。ただシーガーグランドマックスはフロロリミテッドより平均でも最大値でも高い結果となりました。

ユニノット

ユニ
ノット
グランドマックスフロロリミテッド
表記
強度
2.55kg
1.5号
2.72kg
6lb
平均1.93kg
76%
1.74kg
64%
最大2.50kg
98%
1.90kg
70%
最低1.50kg
59%
1.50kg
55%

ユニノットでも比較しましたがフロロリミテッドより平均も最大値も上となりました。

合わせ切れには要注意

グランドマックスの強度は非常に高いのですが、瞬発的な力には弱く合わせ切れの危険があります。特にPEのリーダーで使用する場合には要注意でフルフッキングなんてするとラインブレイクが多発します。瞬発的な合わせは厳禁でスイープフッキングか巻き合わせが必須となります。

耐久性

スピニングのリーダー部分では劣化が見えにくいのでベイトで耐久性を比較しました。週2釣行の1ヶ月使用した際の新品との比較ですが、グランドマックスの耐久性は驚異的で、多少、表面の光沢感は失われているものの、白化は殆ど見られません。

なおフロロリミテッドの場合では1ヶ月の使用で光沢感は無くなり、表面コートが剥がれるためか変色も発生します。

耐摩耗性

シーガーグランドマックスの耐摩耗性

1.5号を45g(12号重り)を1000番の砥石に吊るし、左右20cmを左右に行き来できた回数を測定(1往復で2回とカウント)しました。10回行った測定の平均、最大、最小の強度を示します。

グランドマックス
1.5号
グランドマックスFX
1.5号
平均16回13回
最大20回17回
最低10回10回
フロロリミテッド
ハードBASS 6lb
フロロリミテッド
6lb
平均13回12回
最大17回15回
最低10回10回

シーガーグランドマックスの耐摩耗性は最高レベルであり、シーガーグランドマックスFXより高い耐摩耗性を示します。バス向けで耐摩耗性の高いフロロリミテッドハードBASSやフロロリミテッドでも全く敵わない領域です。

伸び難さと感度

シーガーグランドマックスの伸び

1.5号×2mを1kgで引っ張った際の伸びを記載しています。伸び率だけだは分かりにくいので、あえて実測値も掲載しています。比較対象はフロロリミテッドの6ポンドです。

グランドマックス
1.5号
フロロリミテッド
6lb
伸び22cm26cm
伸び率11%13%
線径0.205mm0.205mm

差は僅かでは有りますがグランドMAX FXはフロロリミテッドより伸びが抑えられています。そのため感度やフッキング性にも全く問題は有りません。

グランドマックスFX
1.5号
フロロリミテッド
ハードBASS 6lb
伸び22cm26cm
伸び率11%13%
線径0.205mm0.205mm

参考までにシーガーグランドマックスFXとフロロリミテッドハードBASSの結果も載せます。上の表と同じ結果になっており、グランドマックス同士、フロロリミテッド同士では同じ特性が見られます。

柔らかさ

シーガーグランドマックスの糸クセ
シーガーグランドマックス

グランドマックスは一般に硬いと言われていますが、個人的にはフロロリミテッドと硬さについては大差無いと感じています。むしろフロロリミテッドハードの方が硬く感じます。ただし糸クセが付きやすく、一旦クセがつくと治らないのが悩み所です。通常のフロロラインなら伸ばせばクセは消えますが、グランドマックスは二度と糸クセが消えません。

シーガーグランドマックスFXの柔らかさ
シーガーグランドマックスFX

同じグランドマックスでも柔らかいFXモデルは糸クセが圧倒的に少ない傾向にあります。

フロロリミテッドの柔らかさ
フロロリミテッド

またフロロリミテッドはシーガーグランドマックスよりハリ感が強いのですが糸クセは抑えられています。

コスト

フロロラインの最高傑作だけあって価格も勿論最高クラスです。そのためメインラインとしての使用は価格的に不可能です。リーダーとしての使用しかお勧めはできません。

他のラインとの比較

フロロリミテッドとの比較

フロロリミテッド6lb
細さ同等
強度グランドマックス
耐久性グランドマックス
耐摩耗性グランドマックス
伸び難さ(感度)グランドマックス
柔らかさフロロリミテッド
コストフロロリミテッド

グランドマックスは強度においては最強であり、フロロリミテッドと比べても比較にならないほど強度が高いフロロです。耐久性も高く伸びも少ないですが、難点は瞬間的な力に弱く、糸クセが激しい事です。またマレに呆気なく切れる時も有ります。

フロロリミテッドはグランドマックスほどの強度は有りませんが、フロロラインの中でも最高の結束強度では有ります。加えて衝撃にも強く糸クセも付き難いくく、結束強度も安定するため普通の釣り人ならフロロリミテッドの方が扱いやすい糸です。フロロリミテッドの詳細は別記事で紹介しております。

フロロリミテッドハードBASSとの比較

フロロリミテッドハードBASS 6lb
細さ同等
強度グランドマックス
耐久性グランドマックス
耐摩耗性グランドマックス
伸び難さ(感度)グランドマックス
柔らかさグランドマックス
コストフロロリミテッドハード

単純な強度面だけで言えばフロロリミテッドハードBASSでもシーガーグランドマックスには完敗します。また糸の柔らかさでもグランドマックスの方が柔らかいのですが、両者の違いは糸クセと伸びです。グランドマックスは意外に柔らかいものの一旦クセが付くと二度と治らず、即交換が必要となります。また伸び難いためか衝撃に弱くあっけなく合わせ切れもします。

その反面、フロロリミテッドハードBASSは適度に伸びるため衝撃にも強く、グランドマックスより扱いやすく感じます。フロロリミテッドハードBASSの詳細は別記事で紹介しております。

シーガーグランドマックスFXとの比較

細さ同等
強度グランドマックス
耐久性グランドマックス
耐摩耗性グランドマックス
伸び難さ(感度)グランドマックス
柔らかさシーガーグランドマックスFX
コスト同等

グランドマックスとグランドマックスFXは名前も同じ価格帯ですが性質が大きく異なります。グランドマックスは強度と耐久性に特化していますが扱いにくさが目立ちます。

対してグランドマックスFXはグランドマックスには劣るもののフロロリミテッド以上の強度を示します。結束強度も安定しており糸クセも少なく扱い易さも抜群です。グランドマックスFXの詳細は別記事にて紹介しております。

まとめ

シーガーグランドマックスの使用例

今回紹介のシーガーグランドマックスは

フロロリミテッドなど他を圧倒する圧倒強度

ただし瞬発的な力には弱く糸クセも激しい

価格についても最高ランク

となっており圧倒的にな強度では有るものの合わせ切れや糸クセなど使い手の技量も求められる糸となっています。自信のない方には柔らかいグランドマックスFXを強くお勧めしますが、使いこなせる方には最強の糸となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA