【アップグレードX8 インプレ】扱いやすさ、耐久性、強度が全て高いスタンダートPE

アップグレードX8

おそらく多くの方がお勧めする標準的なPEがアップグレードX8です。ルアーフィッシングにおける扱いやすさ、耐久性、強度が高次元でまとめられていますコストも高すぎず悩めばとりあえずアップグレードX8と言えるPEです。

ただ個人的には強度を維持した巻物向けラインとの認識です。適度に伸びもあり張り感もあるのですが、硬すぎないためバスの様に糸を操作する釣りには適していません。また糸自体が硬すぎないためか一定の割合でエアノットなどのトラブルも発生します。この点に関しては高比重などハイブリッド素材を導入したPEには勝てません。またあくまでキャスティングを前提にしたPEのため船からのジギングなどにはスーパージグマンなど専用ラインに劣ります。

専用ラインには性能及ばないものの大半のルアーフィッシングに最適なPEラインであるアップグレードX8について紹介します。

なおの個人的評価は以下の通りです。

★5が満点
細さ★★★★★
強度★★★★☆
耐久性★★★★☆
滑り性★★★★☆
硬さとトラブル耐性★★★☆☆
コスト★★★☆☆

アップグレードX8の特徴

太さ

左がアップグレードX8、右がスーパージグマンですが糸巻後のスプール径は全く変わりません。同じメーカーという事もあり太さは号数通りで太くも細くもありません。

強度

UP GRADEの強度

0.8号をFGノットでの結束強度を測定した結果です。比較対象は同じ「よつあみ」製のスーパージグマンです。

 アップグレードX8スーパージグマン
強度7.26kg
16lb
7.26kg
16lb
平均4.80kg
66%
5.26kg
72%
最大5.25kg
72%
5.50kg
76%
最低4.50kg
62%
5.00kg
69%

結束強度については強度に特化したスーパージグマンには勝てませんがアップグレードX8も決して低くはありません。必要十分な強度が出ています。

耐久性(色落ち、毛羽立ち)

アップグレードX8の耐久性はかなり高く1ヶ月の使用でも殆ど見た目が変わっていません。

アップグレードX8の結束部
上:結束部分
下:通常部

ただし結束部分付近は僅かに色抜けしてきます。およそ半月に一度は結び替えが必要です。ただ、その段階になればリーダー含め交換が必要な時期のため耐久性でも問題はありません。

滑り性、糸鳴りの少なさと飛距離

滑り性に関しては良好で糸鳴りも少なめです。顕微鏡による60倍写真での比較では滑らかさではスーパージグマンに劣るのですが実釣ではアップグレードX8が上に感じます。

UP GRADEとスーパージグマンの120倍比較
上:アップグレードX8
下:スーパージグマン

そのため120倍で並べて比較しました。スーパージグマンはやや太く膨張しており、アップグレードX8は角ばってスリムな断面になっています。そのため手で触るとスーパージグマンは滑らかに感じますが、アップグレードX8の方がガイド抜けについてはスムーズに感じる原因は表面積が少ないため思われます。

FGノットでの編み数

0.8号でFGノットを組んだ時の編み込み回数です。

 アップグレードX8オルトロスPEピッドブルG5
0.8号25回25回19回

ノットに関しては標準的な編み込み回数で対応出来ます。ピッドブルG5のような凹凸が大きく滑りの悪いPEなら19回で十分となります。逆に、これ以上編み込むと結束部分の末端まで締め込みができません。滑りが

伸びと感度

アップグレードX8の伸び

0.8号のPE:2mを2kgで引っ張った際の伸び率の結果です。

 アップグレードX8スーパージグマン
伸び3cm2cm
伸び率2%1%

伸び率に関してはPEの中では平均的です。伸びの少ないスーパージグマンと比べると僅かに伸びますがキャスティング主体の釣りでは何百mも投げないため気になりません。

硬さとトラブル耐性

アップグレードX8とスーパージグマンの硬さ比較
上:アップグレードX8
下:スーパージグマン

ライン7cmを水平に浮かせた際の折れ曲がりの写真です。アップグレードX8との比較ではスーパージグマンが下方向に折れ曲がっていますがアップグレードX8は水平を維持しています。

コスト

決して安いとは言えない価格のためPEを初めて試す方には少々ハードルが高いかもしれません。ただ耐久性も非常に高く長期間使用でき、性能が非常に優れているラインではあります。

最適な使用用途

あらゆる用途に適したPEのため不得意な分野が無いのですが、基本的にはキャストし巻いてくる釣りが得意です。適度な張りはあるためある程度はシェイクなどの操作も可能ですが、バス用途にはより硬いラインの方が適してはいます。

他のPEとの比較

オルトロスPEとの比較

オルトロスPEゾーンフィネス
細さ同等
強度同等
耐久性オルトロスPE
滑り性オルトロスPE
硬さとトラブル耐性オルトロスPE
コストアップグレードX8

アップグレードX8は主にソルトゲームを中心に設計されているためか150m巻きに対しオルトロスPEは100mしか有りません。また硬すぎないため糸巻量が多くてもバックラッシュの発生を抑えられます。

その一方でオルトロスPEはバスに特化したPEです。PEの中では硬く張り感があり、ラインでルアーを操作しやすい特徴をもっています。密に編み込まれているためか滑り性も耐久性もアップグレードX8より上です。ただし100m巻きしか無く用途によっては糸巻量が足りません。オルトロスPEの詳細は別記事で紹介しております。

スーパージグマンとの比較

スーパージグマン
細さ同等
強度スーパージグマン
耐久性アップグレードX8
滑り性アップグレードX8
硬さとトラブル耐性アップグレードX8
コストスーパージグマン

スーパージグマンは伸びの少なさと強度に特化したPEですがアップグレードX8は一般的なPEです。そのため強度ではスーパージグマンが優位ですが、その他の性能ではアップグレードX8が優れています。キャストを繰り返す釣りではアップグレードX8がお勧めですが、船で真下の落とす釣りにはスーパージグマンの出番です。スーパージグマンの詳細は別記事で紹介しております。

まとめ

今回紹介のアップグレードX8は

キャスティング中心のどんなルアーゲームにも対応するPEライン

コストも高すぎず、耐久性も極めて高い

硬すぎないため太糸でも扱いやすいがラインでのルアー操作は苦手

となっており、何でも可能なPEではありますが、どちらかというと巻物に適していると思います。ただ基本性能が極めて高いためPEラインのため取りあえず選ぶのもアリです。アップグレードX8と比較することで様々なPEの特性が理解できる標準となるPEラインとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA