【マスティフFC インプレ】細さ、強度、柔らかさのバランスが良いフロロ

マスティフFC

記事内に広告を含みます

この記事は広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

強度と柔らかさ、細さのバランスが高いフロロがマスティフFCです。メーカーの謳い文句通り強度は確かに低くは無く号数通りの太さも維持しています。また強度を維持しつつも耐久性も高くフロロとしては硬さも感じません。全体的にバランスが良く欠点の少ないフロロとは感じます。

ただ、どうしてもフロロを自社で原料から製造できるクレハのフロロリミテッドには及びません。耐久性では上回っていますが強度や柔らかさでは一歩劣ると感じます。またフッ素メーカーでは無いシマノではフロロを自社製造出来ないため外注になり、その分コストが嵩みます。マスティフFCはフロロの中でも高い価格帯となり、その上に巻き量も少なく90mしか有りません

今回はコストが高過ぎて手を出しにくいものの、全体的にバランスの取れたフロロであるマスティフFCを紹介します。個人的評価は以下の通りです。

★5が満点
細さ★★★★★
強度★★★★☆
耐久性★★★★☆
耐摩耗性★★★★☆
伸び難さ(感度)★★★★★
柔らかさ★★★☆☆
コスト☆☆☆☆☆

マスティフFCの特徴

細さ

マスティフFCフロロリミテッド
4lb0.1650.165
5lb0.1850.185
6lb0.2050.205
8lb0.2350.235
10lb0.2600.260
12lb0.2850.285
14lb0.3100.310
16lb0.3300.330
20lb0.3700.370

マスティフFCの線径は号数通りで太くも細くも有りません。フロロリミテッドと細さに関しては全く同じです。

強度

マスティフFCの結束強度

完全結び(漁師ノット)とパロマーノットで各10回結束強度を測定しました。なお結束は条件を一定にするため一切糸を湿らせず行っており、パロマーノットのみ結束時に余り糸を捨て糸側に引いて試験しています。他のノットで余り糸を捨て糸側に引っ張らないのは、パロマーノット以外では余り糸は本線側にしか引っ張れないのが理由です。

まずは完全結びの結果です。

完全結びマスティフFCフロロリミテッド
強度6.35kg
14lb
6.35kg
14lb
平均3.83kg
60%
4.55kg
72%
最大4.70kg
74%
5.00kg
79%
最低3.30kg
52%
4.25kg
67%
完全結びFCスナイパーフロロマイスター
強度6.35kg
14lb
6.35kg
14lb
平均4.23kg
64%
3.76kg
59%
最大5.50kg
87%
4.50kg
71%
最低3.50kg
55%
3.00kg
47%

 マスティフFCの完全結びでの強度は高いとは言えずフロロリミテッドには10%近く、FCスナイパーにも5%ほど強度が劣ります。フロロマイスター以上の強度は有りますが僅差で有り、少なくとも完全結びを使用する方にはお勧めできない強度です。

パロマーマスティフFCフロロリミテッド
強度6.35kg
14lb
6.35kg
14lb
平均4.73kg
75%
4.95kg
78%
最大5.10kg
80%
5.25kg
83%
最低3.80kg
60%
4.75kg
75%

なお表示強度通りの結束強度が出やすいパロマーノットではフロロリミテッド相当の結果となりました。ただパロマーではどんな糸でも同じ強度になるため、あまり参考にはなりません。

マスティフFCハングマンズユニノット
強度6.35kg
14lb
6.35kg
14lb
平均3.83kg
60%
4.38kg
69%
最大5.00kg
79%
4.80kg
76%
最低2.70kg
43%
3.80kg
60%

強度を謳い文句にしている糸で結束強度が出ないのは納得いかないためハングマンズノットやユニノットでも計測しました。ですが私のようなアマチュアではフロロリミテッドのような高い結束強度を出すことは出来ませんでした。

耐久性

耐久性については特に問題なくフロロリミテッドと同等と感じます。白化も少なめに感じます。

耐摩耗性

マスティフFCの耐摩耗性

14lbを105g(12号重り+15号重り)を1000番の砥石に吊るし、左右20cmを左右に行き来できた回数を測定(1往復で2回とカウント)しました。10回行った測定の平均、最大、最小の強度を示します。

マスティフFCフロロリミテッド
平均19回19回
最大24回22回
最低14回17回
スティーズ フロロフロロリミテッド
ハードBASS
平均19回20回
最大24回24回
最低14回18回

マスティフFCの耐摩耗性は非常に高くフロロリミテッドと同等です。ただ最低の回数が若干低いのが気になり、この点についてはダイワのフラッグシップのフロロであるスティーズフロロも同じです。フロロリミテッドシリーズは結果が安定しておりブレが少ないのに対しマスティフFCは一歩及ばないと感じます。

伸び難さと感度

マスティフFCの伸び

14lb×2mを2kgで引っ張った際の伸びを記載しています。伸び率だけだは分かりにくいので、あえて実測値も掲載しています。比較対象はフロロリミテッドの14ポンドです。

マスティフFCフロロリミテッド
伸び21cm23cm
伸び率11%12%
線径0.310mm0.310mm

結果としては伸びはフロロリミテッドよりは少なく抑えられています。ただフロロリミテッドは他のフロロと比較すると伸びが目立つフロロでは有ります。

FCスナイパーモンスターブレイブZ
伸び18cm18cm
伸び率9%9%
線径0.330mm0.310mm

同じ14ポンドでの比較ではFCスナイパーやモンスターブレイブZは伸びは9%に留まっております。そのためマスティフFCはフロロの中でも伸びやすい糸と言えます。

柔らかさ

マスティフFCの糸クセ
マスティフFC

マスティフFCについては柔らかさを謳った糸でありフロロの中では柔らかい方では有ります。ただフロロの中でも特に柔らかいフロロリミテッドやFCスナイパーと比較すると僅かに硬く感じます。

フロロリミテッドの糸クセ
フロロリミテッド

比較対象としてフロロリミテッドでの糸クセ写真を載せますが、糸の円が大きく糸クセも抑えられています。

コスト

マスティフFCの難点が価格です。糸自体は決して悪くは無いのですがフロロの中でも最高値に当たる価格のため気軽には試せません。加えて糸巻き量も一般に多い100mより少なく90mしか有りません。そのため更に割高感を感じます。

他のラインとの比較

 フロロリミテッドとの比較

フロロリミテッド
細さ同等
強度フロロリミテッド
耐久性マスティフFC
耐摩耗性同等
伸び難さ(感度)同等
柔らかさフロロリミテッド
コストフロロリミテッド

フロロラインの王者であるフロロリミテッドとの比較です。マスティフFCはフロロリミテッドと太さや耐久性、伸びは同等ですが強度や柔らかさでは多少劣ります。また価格でもフロロリミテッドに勝てないため個人的には柔らかい糸が好みであればフロロリミテッドの方がお勧めです。フロロリミテッドの詳細は別記事で紹介しております。

 FCスナイパーとの比較

FCスナイパー
細さマスティフFC
強度FCスナイパー
耐久性同等
耐摩耗性マスティフFC
伸び難さ(感度)FCスナイパー
柔らかさ同等
コストFCスナイパー

FCスナイパーとの比較ですはマスティフFCは号数通りの太さにも関わらず強度と柔らかさを両立しているのが特徴です。ただ糸が一回り太いFCスナイパーには強度では僅かに劣り、伸びもFCスナイパーが少ない傾向にあります。価格もFCスナイパーの方が安く糸の太さが気にならない用途にはお勧めです。FCスナイパーの詳細は別記事で紹介しております。

まとめ

マスティフFC_使用例

今回紹介のはマスティフFCは

号数通りの細さと強度、柔らかさを兼ね備えたフロロ

ただしフロロリミテッドとの比較では性能面では勝てない

フロロの中でも最高値でかつ90m巻きと量が少ない

と決して悪い糸では無く非常にバランスの取れた糸ではありますが価格が高過ぎます。個人的には、この価格を出すならフロロリミテッドの方が好みですが、フロロリミテッドとフロロリミテッドハードの間の硬さが欲しい方にはお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA