【ビーブル インプレ】ボトムアップの低速が得意な小型スピナーベイト

ビーブル

記事内に広告を含みます

この記事は広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

巻き抵抗の少ない小型スピナーベイトの中でも低速で狙った場所をゆっくり通しやすいのがビーブルです。特徴的なスプリッターと呼ばれるブレードが振動を増幅させ巻き抵抗も強めるため、小型スピナーベイトでにも関わらず障害物やピンスポット付近をゆっくりと丁寧に攻めることが可能です。また、この振動感の強さにてレンジキープもしやすく、巻き感の伝わりにくいディープ攻略にも適しています。

ただ長所の裏返しとして抵抗感が大きく振動も大きいためシャローで広範囲を探す釣りには適していません。広い範囲を探る用途ではハイピッチャーに劣ります。また振動感も強くアピールも高めのためクリア状況に適しているとは言えず、基本的には濁った状況でしか活躍しません。

今回は小型スピナーベイトでの悩みどころであったアピールの少なさ、低速対応の弱さを解消したビーブルを紹介します。個人的な評価は以下の通りです。

★5ヶが満点
アピール★★★☆☆
低速対応★★★★☆
根掛回避性★★★★☆
バイト誘発率★★★★★

ビーブルの特徴

アピール

ビーブルのサイズ感は小型と通常サイズの中間ぐらいの大きさとなっています。ハイピッチャーよりは大きくミニブロスとほぼ同等ですが通常サイズであるハイピッチャーMAXやDゾーンよりは一回り小さめです。そのため通常の小型スピナーベイトより抵抗感が大きくなります。

ビーブルのブレード
ハイピッチャー⇐ビーブル⇒ディーパーレンジ

またブレードも大きめで、かつ平面が大きなデザインとなっているためブレードによるアピール力も強めです。

低速対応

ビーブルのスピード

ビーブルは通常サイズよりは小さいものの小型スピナーベイトよりは大きなサイズ感のため巻き抵抗が増えます。

ビーブルのスプリッター

加えて特徴的なスプリッターの影響で振動感が非常に強く低速巻きに適しています。このサイズ感のスピナーベイトとしては珍しい特徴で、特に障害物周りを丁寧に攻める、もしくは一定レンジを一定に巻く釣りにも適しています。

根掛回避性

ビーブルのワイヤー径
クリスタルS⇐ビーブル⇒ハイピッチャー

ワイヤー径はハイピッチャーより僅かに細くクリスタルSと同じぐらいの太さです。細過ぎる訳では無いので障害物回避性は悪くは有りません。

なおフックはハイピッチャーより僅かに細くハイピッチャーで見られたフックの貫通しにくさは感じられません。さすが元OSPの人が作った作品だという印象です。

釣果と良型率

ビーブルの釣果

ビーブルの釣果は悪くは有りませんがハイピッチャーより僅かに大きなボディサイズのためか割と良型を釣れてきてくれます。クリスタルSやBカスタムのように特大サイズを狙って釣る感じではなく、30以上の個体が対象といった感じです。

他のスピナーベイトとの比較

ハイピッチャーとの比較

ハイピッチャーの使用例

サイズ感の近いビーブルとの比較では、より高速で広い範囲をサーチしやすいのがハイピッチャーとなります。どちらもささ濁りくらいの状況が得意ですが、ビーブルはワイヤーに取り付けられたスプリッターの影響で巻き抵抗が強く、よりピンポイントを丁寧に攻められます。これに対し巻き抵抗の少ないハイピッチャーは広範囲をより早くサーチ可能です。ハイピッチャーの詳細は別記事で紹介しております。

まとめ

今回紹介のビーブルは

ささ濁りのピンポイントを丁寧に攻めるが得意

振動感が伝わりやすくスローロールやレンジキープが得意

シャローフラットの高速サーチには向かない

と従来の小型スピナーベイトには無かったピンポイント攻略やレンジキープが得意なスピナーベイトです。他のスピナーベイトとの使い分けがしやすくBOXに1つは入れておくのをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA