【POP-X インプレ】クリア状況で圧倒的な釣果を叩き出す名作

POP-X

記事内に広告を含みます

この記事は広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

販売開始から20年以上経った今でも、おそらくトップウォーターで一番釣れるルアーと思えるのがPOP-Xです。とにかく釣果が凄まじく、アフター時期から秋までシャローに魚が集まっている状況なら、適当に動かすだけで問題ありません。特徴的なのはポッパーにしては極めて弱いアピール力で、魚に違和感を与えずにバイトを誘います。特にクリア状況や子場所で活躍します。

ただアピール力が弱すぎるため、水深が深かったり濁りや波などアピール力が必要な状況では全く活躍しません。食わせ能力が極めて高いためサイズも選びにくい傾向にあります。また最大の難点としてナイロンラインが必須であることでフロロやPEでは沈んだりアクションがつんのめって使い物になりません。

今回は使える状況は限られるものの、圧倒的な釣果を叩き出すPOP-Xについて紹介します。個人的な評価は以下の通りです。

ポッパーの特徴

トップの使い分け
遅い ⇐ 中間 ⇒ 早い

近年では羽モノが人気なトップウォータールアーですが、ポッパーは止めて放置しても誘えるため、羽モノよりも更にスローな誘いが可能です。個人的にはポッパーよりスピードを上げたい際に羽モノ、更に速度を上げたい時にペンシル、濁った時にはノイジーやバズベイトを使用しています。

POP-Xの特徴

スペック

POP-Xの重量

POP-Xは60mmサイズのポッパーとしては平均的な重さですが近年の進化したベイトリールなら特に問題なくキャスト可能です。

メガバス純正6

ただ要注意なのがフックです。メガバス純正のフックは細く軽いため曲がりやすい上に刺さりも良く無いため交換が必須です。個人的にはトレブルRB-Mの7番への交換がお勧めです。フックの詳細は別記事で紹介しております。

POP-Xの浮き姿勢

浮き姿勢は垂直気味ですが、着水音も軽いためか柔らかく着水バイトも狙えます。ただ難点がフロロラインではルアーが沈んでしまって使い物になりませんPEでもルアーがつんのめってアクションさせにくく、POP-Xにはナイロンラインが必須となります。

スピード

POP-Xのアピール

POP-Xは音で呼び寄せ放置で食わせるポッパーでなく、ネチネチと誘い続けるのが得意なポッパーです。止めている時間が短めとなるのでスピードとしてはポッパーの中では早めとなります。

アピール

アピール力に関してはPOP-Xには殆ど期待できません。魚を寄せるパワーは非常に弱くクリア気味で、かつ濁りの少ない状況でしか活躍しません。その分、展開のスピードは速いためテンポ良くサーチすることが可能です。

釣果と良型率

POP-Xの釣果はトップ系ルアーの中でも最強で、とにかく釣れます。良型狙いにはPOP-MAXがお勧めですが、トップで楽しみたいなら間違いなくPOP-Xの出番です。

まとめ

POP-X

今回紹介のPOP-Xは

トップルアーの中でも釣果No.1と言えるほどの釣れやすさ

ネチネチ誘うのは得意もアピール力は薄くクリア気味のシャロー限定。濁りと風は天敵

ナイロンラインが必須

と使える場所は限られるものの条件さえ合えば爆発的な釣果を叩き出すポッパーです。まだトップで釣った事のないにもお勧め出来るため、ハイシーズンに是非とも使ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA