【20メタニウム インプレ】ナロースプールでの軽快な近距離キャストと軽量モノコックボディの剛性感

20メタニウム

記事内に広告を含みます

この記事は広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

19アンタレスから導入されたナロースプールがメタニウムにも搭載されリニューアルしました。34mm径×19mm幅のスプールは近距離キャストには非常に軽快で10g前後のルアーが低弾道で正確に投げられます。またモノコックボディの恩恵にて剛性感は更に向上しており巻き心地は非常によく、カバー打ちなど剛性が求めらる用途でも安心です。

その一方でナロースプールの搭載により遠投ではスプール目減りが大きくキャスト直後と回収間際で巻き感が大きく変化します。そのため近距離では問題ありませんが一定層を引く巻物ではレンジ調整に技術が求められます。またモノコックボディによって多少はコンパクトにはなったもののボディサイズは多少大きく繊細な操作にはアルデバランやアルファス、スティーズに一歩劣ります。今回は20~30m以内を軽快にキャスト可能な20メタニウムについて紹介します。

個人的な評価は以下の通りです

★5が満点
キャスト性能(5g)★☆☆☆☆
キャスト性能(7g)★★★☆☆
キャスト性能(10g)★★★★★
キャスト性能(14g)★★★★★
ライントラブル耐性★★☆☆☆
剛性感★★★★☆
巻物適正★★★☆☆
コストメリット★★★★☆

20メタニウムの特性

20メタニウム箱出し

スプール

スプール径は34mm×19mmのナロースプールです。シマノ従来の22mm幅と比べ3mmナロー化されており実際に比較してみました。

上からダイワ24mm(1012G1 SV)、シマノ22mm(16アンタレスDC)、シマノ19mナロー幅のスプールです。ダイワ24mm幅とシマノ22mm幅は同等ですが、シマノ19mmナロー幅はは一目でスプール幅の狭さが分かります。

スプール重量自体はシャフト込みのためか決して軽いとは言えません。ダイワのG1スプールなら11gです20メタニウムは13gとなっています。糸巻量も12ポンド×100m設定のため、12ポンド×80mに抑えても25gの総重量です。

キャスト性能

スプール重量に反し、ナロースプールの恩恵かキャスト感は爽快そのもの。SVのようにブレーキがかかっている感覚がなくルアーが気持ちよく飛んでくれます。ダイワのSVだけでなくマグフォースに比べても数mはルアーが飛ぶようになります。

対応可能なルアー重量は5gとなると厳しいですが、7g以上なら何の問題も無く飛びます。

サミング必須、爆風には要注意。

20メタニウムのフロロ使用例

DCやSVですっかりオートマのキャスト感に慣れていた私ですが、20メタニウムの遠心ブレーキは何の問題も無くキャストできました。ただ、スピナーベイトやバスベイト、ダブルフロップなど空気抵抗の大きなルアーについては要注意です。あっという間に糸が浮くので、ブレーキを強めるかサミングでの対応が必要です。ただ、昔と違って外部ダイヤルだけで調整可能となったため、調整はしやすいものの、SVやDCの方がトラブルは少ないです。

ロングリーダー PE設定の方がキャストが安定する

20メタニウムPE
リールから出た糸が流されるほどの爆風

円心ブレーキを使い込む中で、後半のバックラッシュが気になっていましたが、スプール重量を抑えられるPE設定の方が安定すると感じていています。フロロの通しだとキャスト後半の糸浮きが気になりサミングやメカニカルでの調整が必要です。

フロロ14ポンド×20mと高比重PE2号×75mを巻いてちょうど9割程度に抑えれば22gと3g軽量化できます。あえて爆風に向かってPEセッティングで投げてみましたが、私の愛用するリーダー20mフロロ設定でも全く問題なく扱えました。リーダーが短くなるとバックラッシュの頻度が上がりますが、20~30mのロングリーダーであればスプール重量が軽くなり逆にキャスト後半のバックラッシュが軽減できます。

ピッチングが快適

ダイワSVスプールの悩みどころがピッチング。ブレーキが利きすぎてルアーが浮くので着水音が大きくなるため、勢いをつける必要があり精度が落ちます。キャストとピッチングでブレーキを設定しなおせば問題ありませんが、非常に面倒。

一方、遠心ブレーキはキャストとピッチングでブレーキの変更がいらず快適です。

剛性感

流石はシマノの剛性感。歯数の多いマイクロモジュールギアの恩恵もあり巻き心地は極上です。ただ右に比較対象として19アンタレスのギアを並べますが、左の20メタニウムとは歯数が大きく異なりアンタレスには巻き心地で劣ります。

重量

175gという重量はMクラスロッドに最適で重すぎず軽すぎないため、巻きから操作まで幅広い用途に適合します。レベルワインダーまで樹脂化され徹底した軽量化が行われています。

勝手に目盛りが変わらないブレーキダイヤル

20メタニウムのブレーキダイヤル

ブレーキダイヤルは調整しやすいツマミが付いていますが、少々当たっても変化しない位置にダイヤルがついあています。ロッドを束ねた際など勝手に設定が変わることはありません

コスパは抜群

中価格帯のリールで有るためコスパは最高とは言えませんが、必要十分な性能のリールがこの価格帯で入手できることは非常にありがたいです。

デメリット

スプール目減りによる巻きムラ

20gのバイブレーションを40~50m遠投し検証しました。20gのバイブレーションを約40m遠投した前後のスプール比較です。まず19mm幅の20メタニウムからです。

続いて通常幅の21ジリオンSVです。

スプールの目減りは大きく異なり21ジリオンSVは1~2mmの目減りに対し、20メタニウムは3~4mmとなっています。これは巻き感の変化にも直結しており、遠投直後と足元で大きく巻き感が変わります。同じ感覚で巻いていても足元に近づくにつれてルアーの速度が上がりやすくなり、バイブレーションやスピナーベイトは軌道が浮きやすく、クランクベイトやシャッドでは潜りすぎて足元の岩に刺さりやすくなります。慣れれば技術でカバー可能ですが、物理的に巻物により適しているのは巻き速度の変化しにくい通常幅のスプールです。

糸巻量が多過ぎる

遠投での用途が限られる20メタニウムが最も生きるのは野池やボート釣りのような近距離キャストが多い状況です。ただ、この用途には12ポンド×100mの糸巻量は多すぎます。シャロースプールが一時プレミア価格になり22年にはシャローエディションが追加されたのも納得の結果です。

マイクロモジュールのグリス切れ

20メタニウムのMMギア

20メタニウムに限らずですが、シマノのマイクロモジュールギアはグリス切れが早くゴリ感が早く来ます。毎週末の使用頻度だと半年でグリスが切れ始め、一年は持ちません。個人的にはサードパーティーのグリスを使用し対応しているためグリス切れ頻度は抑えられていますが、メンテナンス頻度はダイワに比べると増加します。

ドラグ音なし

右の19アンタレスではドラグ音が搭載されており、大物とドラグを効かせながらのファイトがしやすくなっていますが、20メタニウムには有りません。16ポンド以上であれば問題ありませんが、12ポンド前後のラインでは少々、不安なファイトを強いられます。

21ジリオンより僅かに小型だがアルファスの方がコンパクト

ナロースプールとモノコックボディの恩恵か横幅は短くなったものの高さがあり、ロッドに取りつけた際はダイワの21ジリオンとは同等ですが、21アルファスの方がコンパクトに抑えられており、近距離での操作が多く想定されるリールとしては残念です。

エクストラハイギアの巻き速度が低下

恐らくメタニウムで最も需要のある釣りがワームの釣りですが、エクストラハイギアの巻き取り量が86cmと前作の16メタニウムの91cmより下がっています。21ジリオンは90cmの巻き取り量を保っており、カバー打ちや、流行りの高比重ノーシンカーのような釣りではマイナス要因です。

想定される釣り

20メタニウムのルアー

基本的に大半の釣りに合致するリールですが、特に近距離でのプラグ、ワームに適したリールです。19アンタレスでは剛性が強すぎて不向きなシャッドやI字のような小型プラグも対応出来ます。

ただしスプール目減りの影響で遠投し一定レンジを引いてくる釣りは物理的に不向きですが技術と慣れで克服は可能です。やはり近距離での釣りに特化したリールと言えます。

21ジリオン、21アルファスとの比較

20メタニウムと21ジリオン、アルファスとの比較

個人的には20メタニウムは21アルファスとジリオンの中間的なリールと認識していますが、まずは21ジリオンとの比較です。

20メタニウムと21ジリオンの比較
キャスト性能(5g)20メタニウム
キャスト性能(7g)20メタニウム
キャスト性能(10g)20メタニウム
キャスト性能(14g)20メタニウム
剛性感20メタニウム
巻物適正21ジリオンSV TW
ライントラブル耐性21ジリオンSV TW
コストメリット同等

20メタニウムの対抗としては21ジリオンが上げられることが多いですが、特性は大きく異なります。21ジリオンは何でもできる反面、特化した性能は少ないですが、20メタニウムはナロースプールの恩恵で近距離での用途に向いています。特にナロースプールがキャストに与える影響は大きく同じ糸巻量でもキャスト性能は20メタニウムの圧勝です。ただし、目減り問題のため巻物への適正は低く、この点については21ジリオンに全く勝てません。21ジリオンの詳細は別記事に記載しています。

このナロースプールは近距離キャストに相性が良くかんじますが、そういう意味では20メタニウムの対抗馬は21アルファスが妥当と個人的には考えています。

20メタニウムと21アルファスと比較

次に21アルファスとの比較です。

キャスト性能(5g)21アルファスSV TW
キャスト性能(7g)21アルファスSV TW
キャスト性能(10g)20メタニウム
キャスト性能(14g)20メタニウム
剛性感20メタニウム
巻物適正20メタニウム
ライントラブル耐性21アルファスSV TW
コストメリット21アルファスSV TW

21アルファスとの比較では両方ともナロースプール搭載ですが、アルファスのスプール径が32mmのため軽量ルアーが得意で、メタニウムが34mm径のため重めルアーに向いています。特性は非常に近いのですが、敢えて言えばトラブル対策で21アルファスを選ぶかキャストの伸びで20メタニウムを選ぶかです。剛性感は21メタニウムが勝りますがコンパクト差やコストでは21アルファスとなります。21アルファスの詳細はこちらを参照願います。

まとめ

20メタニウムの使用例ナイロン

今回、紹介した20メタニウムは、

・近距離の巻物からワームに全て対応

・21アルファスとジリオンの中間の性能

・ナロースプールの目減りには慣れが必要

と近距離での扱いに特化しており、ディープクランクやバイブレーションには全く向きませんが、20m以内の釣りは、ほぼ対応可能なリールとなっています。ボートでのワーム用やおかっぱりでの近距離戦が多い方にお勧めの一台です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA