【フロロマイスター インプレ】低コストで扱いやすいフロロ

フロロマイスター

多くのバスアングラーが一度は使ったであろう定番フロロのフロロマイスター。何と言っても魅力なのがコストで一般的なフロロラインの半値以下の価格で購入出来ます。とは言え安いだけでは無く必要十分な性能も備わっています。特に扱いやすさに関してはハイエンドのフロロリミテッドに近くフロロとしては比較的柔らかい糸となっています。

ただ安価な分、強度に関してはフロロリミテッドには勝てません。ノットによってはフロロリミテッドより2割ほど結束強度が劣ります。また耐久性も高くは無く傷が入り易い傾向に有り、ボビン巻きの影響かスプールに糸を巻いた時点から糸が潰れています。そのため結束強度の下がりにくいパロマーノットが必須であり、交換も早めに行う必要があります

今回は性能はハイエンドには見劣りするもののコスト面で圧倒的な優位性を持ったフロロマイスターについて紹介します。

なお個人的評価は以下の通りです。

★5が満点
細さ★★★★★
強度★★☆☆☆
耐久性★★☆☆☆
耐摩耗性★★☆☆☆
伸び難さ(感度)★★★☆☆
柔らかさ★★★★☆
コスト★★★★★

フロロマイスターの特徴

細さ

フロロマイスターの太さ
フロロマイスターフロロリミテッド
4lb0.1650.165
5lb0.1850.185
6lb0.2050.205
8lb0.2350.235
10lb0.2600.260
12lb0.2850.285
14lb0.3100.310
16lb0.3300.330
20lb0.3700.370

フロロマイスターの線径は号数通りで太くも細くも有りません。フロロリミテッドと細さに関しては全く同じです。

強度

ライン結束強度

14lbを完全結び(漁師ノット)とパロマーノットで各10回結束強度を測定しました。なお結束は条件を一定にするため一切糸を湿らせず行っており、パロマーノットのみ結束時に余り糸を捨て糸側に引いて試験しています。他のノットで余り糸を捨て糸側に引っ張らないのは、パロマーノット以外では余り糸は本線側にしか引っ張れないのが理由です。比較対象はフロロリミテッドです。

完全結びフロロマイスターフロロリミテッド
表記
強度
6.35kg
14lb
6.35kg
14lb
平均3.76kg
59%
4.55kg
72%
最大4.50kg
71%
5.00kg
79%
最低3.00kg
47%
4.25kg
69%

価格メリットを追求した糸であるためか完全結びでの結束強度はフロロリミテッドに1割以上劣る結果となりました。確かに実釣の際でも突然切れることが多く強度が安定しないと感じます。

パロマーフロロマイスターフロロリミテッド
表記
強度
6.35kg
14lb
6.35kg
14lb
平均4.75kg
75%
4.95kg
78%
最大5.30kg
83%
5.25kg
83%
最低4.50kg
71%
4.75kg
75%

ところがパロマーノットではフロロリミテッドと全く変わらない強度となりました。パロマーノットは表記強度通りの強度が出やすいノットのため、フロロマイスターでもパロマーノットなら安心して使えます。

耐久性

耐久性に関しては高いとは言えない結果です。ボビン巻きで売られているためか、糸を巻いたばかりの新品状態でも既に糸が潰れており透明感は有りません。また使用していても早い段階で白化し始め1ヶ月後にはかなり白くなります。

耐摩耗性

FCスナイパーの耐摩耗性

14lbを105g(12号重り+15号重り)を1000番の砥石に吊るし、左右20cmを左右に行き来できた回数を測定(1往復で2回とカウント)しました。10回行った測定の平均、最大、最小の強度を示します。

フロロマイスターフロロリミテッド
平均15回19回
最大19回22回
最低11回17回
フロロリミテッド
ハードBASS
フロロハンタータクト
平均20回15回
最大24回18回
最低18回11回

フロロマイスターの耐摩耗性はフロロの中でも最弱でフロロリミテッドとは大きな差があります。フロロの中でも特に柔らかいフロロハンタータクトとは同等ですが、耐摩耗性を求めるならフロロリミテッドやフロロリミテッドハードBASSが必要となります。

伸び難さと感度

フロロマイスターの伸び

14lb×2mを2kgで引っ張った際の伸びを記載しています。伸び率だけだは分かりにくいので、あえて実測値も掲載しています。比較対象はフロロリミテッドの6ポンドです。

フロロマイスターフロロリミテッド
伸び25cm23cm
伸び率13%12%
線径0.310mm0.310mm

フロロマイスターはどちらかと言うと伸びるタイプの糸でフロロリミテッドよりも伸びが大きくなっておりナイロン並みの伸び率です。FCスナイパーなどは伸びが抑えられており感度アップに貢献しています。

柔らかさ

フロロマイスターの糸クセ
フロロマイスター

フロロマイスターはフロロの中では柔らかい部類となっており扱いやすさは高い部類です。

フロロリミテッドの糸クセ
フロロリミテッド

フロロリミテッドとの比較でも糸クセに関しては全く変わりません。ただしなやかさを謳った最高クラスのフロロリミテッドには劣ります。フロロリミテッドより多少は硬い程度でフロロの中では柔らかい部類に入ります。

コスト

フロロマイスターの1番のメリットと言っても過言では無いのが価格です。フロロリミテッドのおよそ1/3の価格のためコストを気にせず使用出来ます。

他のラインとの比較

 フロロリミテッドとの比較

フロロリミテッド
細さ同等
強度フロロリミテッド
耐久性フロロリミテッド
耐摩耗性フロロリミテッド
伸び難さ(感度)同等
柔らかさフロロリミテッド
コストフロロマイスター

フロロラインの王者であるフロロリミテッドとの比較です。流石にハイエンドとの比較は酷な結果でありフロロマイスターではコストでしか勝てる点が有りません。フロロリミテッドは細さと伸びの少なさだけが同等ですが、その他はフロロリミテッドの性能が上です。多くの方がフロロマイスターは価格重視で使用していると思いますので、性能面ではフロロリミテッドです。フロロリミテッドの詳細は別記事で紹介しております。

まとめ

フロロマイスターの使用例

今回紹介のフロロマイスターは

圧倒的なコストメリットと硬すぎない扱いやすさ

結束強度は高くないがパロマーなら使えるレベル

伸びやすく感度は控えめ

耐久性は低いので巻き替えコストの安さでカバー

となっており価格が安い分、性能面では欠点が目立ちます。ただ、結束強度の不足はパロマーノットで補い早めに巻き替える事で対応出来ます。そのため用途によっては全く性能に困らないコストメリットに優れた糸です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA