【ハードブル8+ インプレ】操作性と耐摩耗性特化PE

ハードブル

話題のシマノ製、新PEライン「ハードブル8+」のサンプルを頂けましたので販売開始前ですが個人的なインプレを掲載いたします。

ハードブル_カタログ②
ハードブル_カタログ①

まず特徴的なのが今までに無い硬さです。ロッドティップへの絡みやエアノットなどのトラブルが極めて少なく、糸でルアーを操作するバス釣りには非常に相性の良いPEとなっています。耐摩耗性は極めて高くPEの中では最高クラスであり、フロロにせまる強度となっています。

こういった硬いPEは今までにもPE EGI ULT HS4やアーマードなどにもありましたが、号数が1.5号までしかなくベイトで使用するには高切れのリスクがありました。ただハードブル8+は2号以上のラインナップも豊富でベイトでも、PE特有のカックンバックラッシュが減が期待できます。

ただ硬さを重視したためか結束強度は高くは無く通常の4本撚りPEにも劣り高比重PE並みの強度しかありません。また操作性が高いとは言ってもPE特有の比重の軽さで風の影響も受けやすく、ボトムなどワーム系の釣りでは高比重PEに扱いやすさは勝てません

今回は通常のPEに一般的な性能は劣るものの、極めて高い操作性とトラブル耐性を持ったハードブル8+について紹介します。個人的評価は以下の通りです。

★5が満点
細さ★★★★★
強度★★☆☆☆
耐摩耗性★★★★★
耐久性検証中
滑り性★★★☆☆
硬さ★★★★★
コスト★★★★★

ハードブル8+の特徴

太さ

0.8号をSV BOOST PEスプールに75m巻いた時の写真です。

左がハードブル、右がアップグレードX8です。糸巻後のスプールの笠はどちらも同じで標準的な太さとなっています。

なおハードブルと同様に硬いPEであるPE EGIと比べてもスプールの笠は変わりませんが、アーマードF PRO ぐらいゴワついたPEとなるとスプールの笠が増えます。

強度

ハードブルの結束強度

0.8号をFGノットでの結束強度を10回測定した結果です。比較対象はアップグレードX8です。

ハードブル8+アップグレードX8
表記
強度
8.90kg
19.5lb
7.26kg
16lb
平均2.87kg
32%
4.80kg
66%
最大3.40kg
38%
5.25kg
72%
最低2.40kg
27%
4.50kg
62%

ハードブル8+は8本撚りPEとなっていますが予想に反して結束強度は低くアップグレードX8には遠く及びません

アップグレードX4ピットブルG5
表記
強度
6.35kg
14lb
6.20kg
13.7lb
平均3.65kg
57%
3.32kg
53%
最大4.00kg
63%
3.90kg
63%
最低3.25kg
51%
2.50kg
40%

通常の4本撚りPEであるアップグレードX4や高比重PEのピットブルG5にさえハードブル8+の結束強度は劣ります。

ハードブルの結束強度_アップグレードX8との比較

あまりにも結束強度が低いので機器の故障も疑いましたが、アップグレードX8では過去の検証通りの強度となりました。そのためハードブル8+を使用する際には強度不足を補うため、従来のPEより1ランク太い番手での運用が必須となります。

耐摩耗性

ハードブルの耐摩耗性

10号重り(35g)を1000番の砥石に吊るし、左右20cmを行き来できた回数を測定(1往復で2回とカウント)しました。計測は5回行い平均、最大、最小の強度を示します。

ハーヂブルアップグレードX8
平均4回3回
最大5回4回
最低3回2回
アーマードアップグレードX4
平均6回4回
最大8回5回
最低4回3回

確かに耐摩耗性は低くは無くアップグレードX8より上ですが、4本撚りのアップグレードX4と同等であり樹脂コートされたあアーマードには及びません。

水中では耐摩耗性が大幅に向上

ハードブルの耐摩耗性水中

0.8号を水中で10号重り(35g)を1000番の砥石に吊るし、左右20cmを行き来できた回数を測定(1往復で2回とカウント)しました。計測は5回行い平均、最大、最小の強度を示します。

ハードブル8+アップグレードX8
平均12回6回
最大13回7回
最低10回5回
アーマードフロロリミテッド3lb
平均10回14回
最大13回17回
最低9回12回

空気中では耐熱性の影響にて耐摩耗性の低いPEですがハードブルは水中ではPEの中でも最強の耐摩耗性を誇ります。同じ8本撚りPEのアップグレードX8に対し倍の耐摩耗性との結果になりました。樹脂コートされたアーマードと比べても耐摩耗性は上回り、ほぼ同じ太さのフロロリミテッドの3lbに迫る値となっています。

耐久性(色落ち、毛羽立ち)

ハードブルの白化
上:爪でこすった後
下:新品

測定中のため少々お時間願います。ただ表面をこすった際に、かなり白化しやすい傾向にあります。おそらく表面の結晶化コートが破壊されているのだと推測されますが、おそらく1ヶ月の使用後には白化が大きく進むと推測されます。

滑り性、糸鳴りの少なさ

糸鳴りは4本撚りPEとしては奇跡と言えるレベルであり、顕微鏡による60倍写真でも8本撚りPEと変わりません。アップグレードX8の写真と比べても差が殆ど見られません。

ハードブルとアップグレードX8_60倍

ハードブル8+とアップグレードX8を並べて比較してみましたが、太さや表面の凹凸は変わりません。

なお通常の4本撚りPEでは表面の凹凸が大きく糸鳴りも大きめです。60倍写真の比較でも全く表面の凹凸が異なります。

FGノットでの編み数

0.8号でFGノットを組んだ時の編み込み回数です。

ハードブル8+アップグレードX8アップグレードX4
0.8号19回25回19回

先ほどの表面凹凸の少なさに反してFGノットでの編み込みは一般的な4本撚りPEと合わせる必要があります。ハードブル8+は通常の8本撚りPEより滑りが悪く0.8号で25回も編み込むと摩擦が大きすぎてノットの先端まで締め込みができません。

この影響かハードブル8+はキャスト時の糸鳴りも4本撚りPEよりは糸鳴りが少ないものの8本撚りPEとしては大きめです。

伸びと感度

ハードブルの伸び

0.8号のPE:7mを2kgで引っ張った際の伸び率の結果です。

ハードブル8+アップグレードX8
伸び8cm8cm
伸び率1.1%1.1%

 PEは全体的に伸びが少ないため7mの糸を伸ばして比較しています。伸びが少ないと表記されるハードブル8+ですが、アップグレードX8と変わらない結果でした。

アップグレードX4アーマード
伸び7cm9cm
伸び率1.0%1.3%

なお4本撚りPEであるアップグレードX4では僅かに伸びが少なく7cm、伸びが少ないと言われるコーティング系のアーマードでも9cmであり、正直言って伸びの差は僅差です。おそらく通常の使用では伸びの差を感じることは無いと思われます。

硬さとトラブル耐性

ハードブルとアップグレードX8の硬さ
上:ハードブル8+
下:アップグレードX8

ライン8cmを水平に浮かせた際の折れ曲がりの写真です。上側のハードブル8+は下方向に折れ曲がらず、ほぼ水平を維持していますが、下側のアップグレードX8は折れ曲がり下に付いています。

PE EGIとハードブルとアーマードの硬さ
上:PE EGI ULT HS4
中:ハードブル8+
下:アーマードF+ pro

とは言え、柔らかいアップグレードとの比較だけでは面白く無いので、硬さに定評のあるPE EGI ULT HS4とアーマードF+ proとの比較も行いました。より条件を厳しくするため10cmの長さで比較したところPE EGI ULT HS4でさえ水平を維持できませんでしたが、ハードブル8+とアーマードF+ proは水平を維持しました。

またハードブル8+で特徴的なのが硬さに反しての糸クセの少なさで、柔らかいアップグレードX8と同等程度のコイルしか発生していません。

もっと硬いPE EGI ULT HS4やアーマードF PRO BASSではコイルが発生しやすく糸フケも増える傾向にあります。そのため風の影響を更に受けやすくなります。

硬いアーマードF PRO BASSよりは少ないものの、密巻き構造の近年のシマノスピニングではスプール内での糸フケが出やすいと感じます。バックラッシュまでのトラブルは起こっていませんが定期的にスプールを確認する必要はあります。

スプール糸浮きには要注意

ハードブル8+は通常のPEより硬いためスピニングではスプールの糸浮きが発生しやすく注意が必要です。より硬いアーマードF+PROよりはマシですが、通常のPEよりは発生しやすいため、定期的に糸浮きを取らないとバックラッシュの原因となります。

高比重PEではないため沈める釣りには不向き

ただ操作性が高いと言ってもワームなどの操作ではピッドブルG5などの高比重PEには劣ります。ハードブル8+は通常の比重のためボトムを感知しにくく、また強風時には糸が空中を舞いやすく操作できません。

コスト

価格は8本撚りPEとしては控えめの価格設定のためコストを気にせず交換しやすい価格です。

アップグレードX8との比較

アップグレードX8
細さ同等
強度アップグレードX8
耐久性測定中
耐摩耗性ハードブル8+
滑り性アップグレードX8
硬さとトラブル耐性ハードブル8+
コストハードブル8+

一般的なPEであるアップグレードX8に対しハードブル8+は特化型PEです。耐摩耗性と硬さによる扱いさすさが特徴ですが、その分、結束強度は犠牲になっています。

これに対しアップグレードX8はしなやかですが、投げて巻くだけの釣りでは全くトラブルになりません。アップグレードX8の詳細は別記事で紹介しております。

まとめ

ハードブルの使用例

今回紹介のハードブル8+は

PEの中でも最高クラスの硬さで、糸によるルアー操作がしやすく糸絡みも少ない

8本撚りPEにも関わらず耐摩耗性は4本撚りPE相当

結束強度はPEの中でも極めて低い

となっており、結束強度が低い事だけが残念ですがPEの中でも最も硬く糸でルアーを操作しやすいPEとなっています。今後、製品版が販売され次第に2号を購入しベイトでも検証の上、アップデート予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA